#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名古屋城/はじめに
【名古屋城/はじめに】

名古屋城......

このお城にはどのような意見をお持ちでしょうか?

コンクリ天守だから嫌、エレベーターがあるから嫌、
他にもいくつか理由があって、このお城が好きじゃない人は多いかもしれない。

でも、お城ってそれだけじゃないよね。

って言っても、一般人には受け入れてもらえない。
残念なことに......

好きな言葉があって、

建造物≠城 (天守≠城)

これを本で読んだ時は、城を一言で表す良い言葉だと思って、
いつも一般人には、この言葉から説明している。

見方が変わったおかげで、この城は自分にとって、
まだまだ納得のいく訪城はできていない。

見方としては大きく分けて、3つあると思う。
(これは個人的な見解)

・建築物(天守・櫓・城門・御殿…)
・土木構造物(堀・石垣・土塁…)
・縄張


他にも立地や歴史・生活の場としてもお城にはあるけど、それは参考書などを読んでもらいたい。

縄張に関しては、賛否両論あるんじゃないかなって思う。

築城開始は大坂の陣の前、
豊臣家包囲網で造られたお城の1つと言われている。

大坂の陣の後は、大きな戦乱もなく、徳川の時代が200数十年続いたのは教科書で習うよね。

つまり、城を役目が終わる直前に築かれたこの城こそ、
城の集大成とも言える構造をしていると思う。

但し、この城は惣構ではないと言われる。
城下町を城域に含んでいないのだ。
(これを憂う庶民の意見が金城温故録には記載されているとのこと。)

完成は大坂の陣の5年後…

つまり、豊臣が滅亡して太平の世が来たため、惣構えにする必要がなくなったとも言われたり、
他に、北の方に関しては馬が入れないほどの湿地帯で、ここを曲輪内に
取り込むのに利点があるのか?というような話もあるらしい。
(これ以外にも都市形成を阻害するという理由もあるらしいが...)

ただ、自分は歴史学者でも史学を学んだ人間でもないので、これから記述するほとんどが
文献などから得た知識だということは分かっていただきたい。

さて、前置きが長くなったが、

このお城については攻城記という形ではなく、各曲輪のセクションで、
まとめていきたい。

何故なら、1番多く足を運んでいる城だから...

なので、下記項目の段階で長期連載していこうと思う。

・本丸
・二ノ丸
・西ノ丸
・御深井丸
・三ノ丸
・馬出関連
・その他


更新しても、これからも幾度となく足を運ぶと思うので、
気づいたら新しく追記されてたりするかもしれません。
予めご了承いただければと存じます。

どうぞ宜しくお願いいたします。



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村





テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/12-cd53dc80



< /body>