#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浜松城-1/歴史学の趨勢
浜松城-1/歴史学の趨勢

人生で嫌なことなんていくらでもある。
440年前の今日、徳川家康も嫌な思いをした。

浜松で。

今、浜松駅に降り立つと『出世大名家康くん』がロータリーで
出迎えてくれる。昨年?だったかな、浜松のゆるキャラとして
誕生した。

そして、浜松城と言えば『出世城』として売り出し中。
天下統一した家康公にあやかって…というのもあるが、江戸時代浜松城
から老中大坂城代など幕府の要職に就くものが多く出たことにも由来する。
水野忠邦なんか自ら進んで浜松城主になったと言われる。

そんな浜松城のHPをググると、『徳川300年の歴史を刻む出世城。浜松城』が
まず目に飛び込んでくる。歴史のページには、ほとんど家康の事ばかり書かれ、
他の城主については、最後に年表で紹介されるくらい。

まぁどこぞの城サイトよりはマシだろう。どんな事情があるか知らないが、
そのサイトでは城主1家しか書かれていない。年表からも築城者などは
全て省かれている。これでは、Wikiを読むほうが勉強になる。

話が逸れたが、とにかく浜松城は“家康色”が強い。

でも昨年面白い企画展が行われた。
浜松市博物館で10/20~11/25の間、『浜松城主 堀尾吉晴』という
特別展が開催された。実はこれに行ってきたわけではないのだが、
松江で堀尾氏菩提寺の圓成寺に行った時、ポスターが貼ってあって、
それで知った。

さて、浜松城に初めて天守を建てたのは誰か?

家康だと思う人がいるかもしれないが、答えは「堀尾吉晴」。
今、歴史学の趨勢では、この堀尾吉晴が浜松城に石垣を築き、
天守を建てたことになっている。

書籍によっては、石垣の増築と表現されているが、近年進められている発掘調査で、
吉晴が本丸と周辺の石垣を築いたことが決定的になった。現地ではまだ「これは、
四百年前の家康築城の頃の面影を残す貴重な石垣です。(以下、略)」と案内板が
置かれている。

これが「堀尾吉晴」となるのはそう遠くないと思うけど、
家康推しの今の浜松城では何だか想像し難い。

IMG_4811.jpg
[Photo]浜松城模擬天守のライトアップ

松江城の石垣同様、浜松城の天守台も後年の積み直しがかなりされている。
現在見る天守台石垣は約5メートルだけど、堀尾期にはこれよりも低く、約3
メートルと推測されている。

ここ数年、「天守門跡」「富士見櫓跡」等の発掘調査が行われた。
天守門跡の発掘調査では、石垣の上から礎石が出てきたことから
二階建ての構造、つまり櫓門であることが分かった。ここで出てきた瓦
には堀尾期のものと思われる軒平瓦が出てきたので、堀尾氏時代まで
遡ることが出来る。

そして、昨年の調査では雨落溝と排水溝の接続部分の解明が行われた。
そう、これは今日松江城の記事にも書いた排水溝。

この雨落溝というのは、復元時に大変貴重なデータになる。

もし、消失した門を復元しようと思った時、指図などに正確な寸法が示されて
いないとき、礎石と雨落溝の位置関係から門の軒の長さが推定される。現在、
浜松城ではこのような発掘調査の成果や現存資料を基にして、先日家相学の
記事で紹介した三浦正幸先生の検証及び復元図から、天守門の復元が去年
10月から約2ヵ年計画で進められている


明治初年に撮影された天守門は、櫓門形式ではない普通の城門に見えるんだけど、
今回復元されるものは、それ以前に建てられていたものってことになりそう。

吉晴が築いた松江城、その原点を見ることが出来る浜松城。
松江城同様に、天守台には穴蔵があり井戸があったことが分かっている。
この井戸は復興天守が建てられた今も、地下で見ることが出来、松江城
との共通性を確認できる。

浜松城の前に支配していた居城は佐和山城で、ここも別の武将
イメージがあまりにも強すぎる。

安土城築城に携わった堀尾吉晴が、石垣・礎石建築物・瓦の
築城技術三点セット
を最初に導入したのはどこだったのか。

浜松城より前の佐和山城だったかもしれない。
佐和山城の本格的な発掘調査は行われていないので、
今後の調査研究に期待したい。

以上

今回はここまで。また次回。



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/128-7097a295



< /body>