#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名古屋城・三ノ丸-1
【名古屋城・三ノ丸-1】

名古屋城三ノ丸は広大な敷地面積で構成されています。

築城された時はもう大砲などを使うような時代でしたから、
城の中枢部が射程圏内に入らないようにするために広くなったと思われます。

それでは、西から順に紹介していきます......

愛知県立図書館の敷地の周りには
土塁・門跡・空堀・石垣が残っています。

図書館から見て南西には「西土居」と呼ばれている土塁跡があり、

IMG_9290.jpg

ここから北へ向けて一直線に伸びています。
特に案内板などは見当たりませんでした。

少し右にそれれば、石垣もあります。
(図書館の南入り口方面に向かって歩きます)

IMG_9323.jpg
IMG_9328.jpg

端部は出隅となっており、櫓があがる予定だったのかなぁ~って
思いました。

図書館南側の出入り口には御園門跡として枡形門の跡がありますが、
現在は枡形としての機能は失われ石垣を残すのみです。

IMG_9334.jpg

御園橋から右方向を見れば、空堀も確認できます。

IMG_9337.jpg

御園門跡にあった石垣の刻印を挙げていきます。

IMG_9357.jpg

卍固め

IMG_9368.jpg

ダブル卍固め

IMG_9344.jpg

団子3兄弟

などなど…

他にも多数あります。是非、訪れたら探してみてください。

また、この図書館駐輪場付近には下記説明版が二つあります。

横井也有出生地(寺社奉行など尾張藩の要職を歴任した多才多能な人物)
大原幽学出生地(江戸末期の農民指導者。一説には尾張藩重臣大道寺直方の二男として生まれたという)

図書館の敷地は、大道寺邸、石河邸があったと言われ、
当時名古屋城の三ノ丸であったことが分かります。


To Be Continued...



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/13-7ca67a03



< /body>