#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名古屋城・本丸-1
【名古屋城・本丸-1】

名称未設定-1

今回、述べていくのが名古屋城本丸
さらに黄色枠で囲んだ場所(上図)。

名古屋城の写真と言えば、よく大天守隅櫓
写っている写真(下記)を思い浮かべると思います。

CIMG1716.jpg

西ノ丸から見える西南隅櫓がこの写真に写っている隅櫓(手前の方)です。
(奥に見えるのが大天守)

ちなみに現在、作事中で外観を見ることが出来ません。(平成26年10月下旬まで)

IMG_9476.jpg

下記現地解説板引用、
…傷んだ屋根・壁・基礎などを直すため、柱や梁などの主要な
構造材を残して一旦解体します。…
とある。早くキレイな姿が見たいものですなぁ~

で、作事する以前は、

CIMG1713.jpg

このような西南隅櫓を見ることが出来ました。

―外観二重、内部三階―
外観を見てみると、格子が窓の外になく、内側にあります。
これは将軍家の城に多い特徴と言われています。
(宇和島城天守などは外に格子が出ています。)

出窓下は石落しになっています。
ほぉほぉ、袴型ではないんですなぁ~
ちなみに出窓系の石落しは幕府系の城に多いそうです。
ということは、築城後期に広まったんですかねぇ......

この西南隅櫓は濃尾大地震で倒壊したため、修理されていますが、
そのとき宮内省の管轄だったため、鬼瓦などに菊花紋が見られます。
(申し訳ございませんが、写真がないです。)

さて、「大手馬出」方面から土橋を渡っていくと......

まず見えてくるのが、本丸へ入る虎口となっている表二之門です。

CIMG1723.jpg


高麗門形式の表二之門を正面に見つつ、
土橋を渡っていくわけだが、ここで注意しなければならないことがある。

それは、城とは軍事用に作られているため、仕掛けがあるということ。
土橋を渡る敵に対して攻撃があるわけだ。

表二之門の右を向くと、隅櫓が見える。
これは東南隅櫓で、横矢を掛ける仕組みが出来上がっている。

IMG_9485.jpg

この東南隅櫓は前のめりに石垣が出ていて、
これは出隅と呼ばれる横矢掛けの一種で、左袖とも呼ばれるらしい。

左袖について…
攻撃は左側から行いやすいので、城内から見て左側を突き出す。
逆に敵は、自分の右側を狙われると、心細く感じた。
(城のつくり方図典から抜粋)

とある。ふ~ん、心理学みたいなことは当時もあったんかな?

二ノ丸側から見た土橋と表二之門。

IMG_9491.jpg

他の文献(出典を忘れた)には、
「弓を引く時は、左向きに半身を構えたので、左側から敵を攻撃しやすかった」
とあったので、なるほどと思った。

でも、敵兵が心細くなる理由は分からない......
利き手の方を狙われると心細く感じるのだろうか。
もうちょっと真剣に心理学学んどきゃよかった。

今となっては、塀もなく東南隅櫓隠し狭間と思われるため、
狭間の形状は確認出来ない。
妄想するだけに留めるが、多分鉄砲狭間ではないかと思われる。
鉄砲も左に半身を構えるからね。

ちなみにこの隅櫓の下にも、刻印があります。
ちょっと小さくて確認出来ないかもしれませんが......

二ノ丸側から東南隅櫓を見ると、

IMG_1571.jpg

となっており、これも格子は外にないです。
また、瓦に注目すると「三つ葉葵の紋」が見えます。

名称未設定-1


今回はココまで。

って入らないんかいっ!!っていう突っ込みはなしでお願いしますねぇ~


To Be Continued...



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント
詳しく解説してあるから勉強になりますi-199 なんか歴史学者のブログ読んでるみたいですよ~i-237
でも、確かにこれだけ規模の大きい城についてブログで綴ろうと思ったら、細かく区切ってでないと自分の納得のいくものにはならないかもしれませんね…

それに比べて私のブログは…i-229
生温いわ…i-182
[2011/11/06 18:03] URL | 流星☆ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
いやいやいや、歴史学者なんてとんでもない。
研究者じゃないので、読んだ文献や聞いた話をまとめて、
それに自分の考察を交えてるだけですよぉ~

コメント、ありがとうございましたっ!!


[2011/11/06 18:46] URL | こ~き。 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/17-68f9183c



< /body>