#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大坂城-2
【大坂城-2(Date:2011/10/10)】

玉造口から青屋門へ行く途中、

玉造定番屋敷跡を通った。

IMG_8203.jpg

ここは、江戸時代に幕府の要職である大坂定番に就任した大名の屋敷がありました。

大坂定番は、玉造口定番京橋口定番の2名。

現地説明版を読む限り、玉造口定番の方が優位だったのかな?と思った。
(理系なので、国語力がないです。もしかしたら読み間違えているかも......)

玉造口定番は二ノ丸玉造口の内側に屋敷を持ち、玉造口の守衛のほか、
京橋口定番とともに城を勤める下級役人を統率し、大坂城守衛の首班である
大坂城代を補佐して西日本の支配にもたずさわった。

とある。
やっぱり、玉造口定番のほうが優位に書かれてない?

気のせいかなぁ~

ちなみにここは、明治維新の大火で焼失後は、軍事病院が建てられて、
西南戦争の負傷者が運ばれてきたんだって!!

遠っ!!って思った。

で、その横には蓮如上人袈裟がけの松があり、
さらに進むと、市正(いちのかみ)曲輪を通る。

IMG_8208.jpg

ここは、片桐東市正且元の屋敷がここにあったと伝えることから
市正曲輪」と呼ばれている。

ほぉほぉ、あの且元くんがココで、
あーだこーだしてたわけだ。

メシくったり、トイレ行ったり、寝たり、
で、メシくったり、トイレ行ったり、寝たり......

話が脱線したので、元に戻して、

内堀に沿って青屋門へ向かって歩いていくと、
水堀には、ペットボトルやビニール袋が投げ捨てられており、
ちょっと萎えた。

多分知らなければ通り過ぎてしまいそうな場所の本丸石垣に注目すると、
大坂城七不思議の一つ、人面石が見える。

IMG_8215.jpg

上の写真中央部に周りの石より小さく黒ずんだ石があるでしょ?
これが人面石。

下記、大坂城のサイトから引用…
「獣面石ともいわれる。本丸の東北隅、鬼門の方角にあるため、
災い除けに人間の顔をした石を石垣に積み込んだものかといわれている。」

なるほどね、鬼門かぁ~
ここでも家相学が出てきた。

やっぱ昔から建物を建てるときは、どこもかしこも縁起の
良し悪しは考えられたんだねぇ

さて、ココを歩いてきた目的はもう一つあって、

次のコレ

IMG_8219.jpg


本丸東側石垣は水面からの高さが約24mに達するらしく、
大坂城で一番高い石垣、というか日本国内で一番高い石垣と聞いた。

スゲぇ!!

けど、なんか実感がわかない......

ちなみに水堀を抜いた根石からの高さは伊賀上野城と肩を並べるらしい。
こっちは根石からの高さは約32mと分かっているが、伊賀上野城は分からない。

どっちが高いか…

う~ん、これまた面白い話ですなぁ~

というわけで、青屋門にまだまだたどり着きませんっ!!



To Be Continued...




にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント
本丸東側の石垣…
日本一の高さなんですかv-11見た感じだと、そんな風に思えないですね…
伊賀上野城の高石垣の方がメッチャ高い感じがします…v-237
石垣の上から堀をのぞいた時に、腰がひけたのを今でも覚えていますv-9
[2011/11/16 22:52] URL | 流星☆ #- [ 編集 ]

訪問ありがとうございます!!
訪問&コメントありがとうございます!!
伊賀上野城の石垣上から堀を見られたんですかぁ~すごいですねぇ…
確かに腰引けます(^o^;自分も落っこちないかビクビクしながら
見ることがたまぁ~にありますよwww
[2011/11/17 10:04] URL | こ~き。 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/21-511f12ef



< /body>