#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜城-2
【岐阜城-2(Date:2011/7/2)】

岐阜城攻城の続き…


麓の信長居館跡をあとにし、


山頂へ向かうことにした...


麓から山頂へは、

鉄の駕籠という選択肢もあるが、今回は利用しない





男だから...






足軽だし......





いや、足軽なら早馬乗らないね。




で、山頂を攻めるルートは4つ(岐阜公園側からだとね)


・七曲り登山道
・めい想の小径
・馬ノ背登山道
・百曲り登山道



どれがいいか、軍議を開く...




といっても、周りに誰もいないので、


勝手に決めちゃうわけだけど


やっぱ、ここは大手道でしょ~





というわけで、


早速、七曲り登山道へ!!





早馬は博物館前につないだまま、徒歩にて山頂を目指す。


最初の一~っ歩

IMG_3018.jpg


おぉ~雰囲気ただよいますなぁ




この七曲り登山道、斎藤道三が造ったとされ、
戦国時代大手道ということで
選んだわけだが、案外登りやすい




この道には当時の名残があるのだ...

IMG_3022.jpg

※当時の道のふちに積まれていた石が今も残っています。




すれ違う人、すれ違う人に対して身構えるが
城兵ではなく、地元の民か...それとも、他国の民で、
微笑かけてくる。




自分も負けじと、微笑返す






さて、山頂付近に近づいた時、見慣れぬ者たちとすれ違った。





南蛮人だ。





すれ違いざま、






「コンニチワ~」と声をかけられたので

一瞬、心臓が止まりそうになったが、そこは平静を装い、







「Hello~」と返しておいた...





こう見えても南蛮人の言葉は多少心得ている。





ふむ。

この登山道、なかなか親切だ。


というのは、城までの距離を知らせてくれる標がある。

IMG_3029.jpg

※城へ○丁の道標は、正確には城からの距離です。城から一、ニ、三…
 一丁は城から麓までを十で割った距離になります。




なんとも無防備、

いやこれは緊張を与えるためだ





現に、プレッシャーを感じている。





そして、少し歩を進めると、ゴツゴツとした岩が見えてきた

IMG_3033.jpg



ふぅ~




そうこうするうちに冠木門のところに出た

天下第一の門とある

IMG_3034.jpg









門番は...








いない...



天下第一の門が現在あるあたりはかつての三の丸。
関ヶ原の合戦時には、この先にある上格子門との間で
織田信秀と東軍・福島正則らとの激しい銃撃戦が行われたと伝えられている...


さらに上格子門跡に続き…

IMG_3035.jpg



岩がゴロゴロぉ~

IMG_3036.jpg


この付近は倒れた巨石石垣があるんですな。





そうこうしているうちに馬場跡に出る

IMG_3037.jpg









馬は1頭もいない…










さっきはリスがたくさんいたのに...






おっと、

上を見上げると、そこには橋が、

IMG_3039.jpg





あの橋を渡っていたら…

もし、敵に落とされたら…






行軍出来なかっただろう



※ちなみに、これは堀切です。






こっちのルートを進んでおいてよかった






さらに先に進み、階段を駆け上がると、また門に続いている...

IMG_3040.jpg








今度は折れがあり、敵が見えない。




クソっ!!


その瞬間、ここで後ろを振り返る。






なぜなら階段を駆け上がったところは上からの道と合流するからだ

挟撃されないか、心配で振り返ったが







誰もいない







安堵したのも、束の間




うん!?

なんだアレは





こ、これは






石垣だっ!!

IMG_3042.jpg





その奥にはさらに...






秀吉が乗ったという岩がっ!!

IMG_3052.jpg


ここで千成瓢箪を振ったとか振っていないとか

とにかく、ここが発祥の地とのこと。






よし、さっきの場所に戻るか






先の場所に戻ると、二の丸門(模擬冠木門)に突き当たる

IMG_3054.jpg






とうとうここまで来た

さぁ、さらに進軍するぞっ!!






また道が二手に分かれる。とりあえず右に進む...

IMG_3056.jpg




橋を渡りながら、

下を見ると......




IMG_3055.jpg



う~ん、これは竪堀なのかなぁ~!?







ふと、ここで思った

こっちの道には観光客が誰もいない...







少々不安に感じたため、先ほどの二手の道に別れる前の場所に戻ろう

うん、そうしよう





先ほどの分かれ道の前に戻り、左の道を進むことに......






階段を上がると、そこは台所跡






脇道にそれると軍用井戸がっ!!

IMG_3057.jpg


※台所跡の西斜面には井戸が3箇所あるが、
 見学可能なのは一番北の井戸のみ。




ここで喉がカラカラなことに気づく...

飲みたいのに、飲みたいのに








金網が邪魔










さて、脇道から戻り、数歩進むと..............






やっとこさ、天守が見えた...

IMG_3058.jpg




白く、まばゆい





さらに行軍は続く…






To Be Continued...



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/3-53c34a42



< /body>