#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜城-3
【岐阜城-3(Date:2011/7/2)】

岐阜城攻城の続き2…

※ここからは真面目に、記事を書くことにします。

台所跡から天守を見て、道なりに進むと、
天守台に、着きました。

新しく積まれた石垣の下に当時の石垣野面積みで今も残っています。

IMG_3065.jpg

色が違うので分かると思います。(場所は北西部下段)
実際は、信長時代の石垣だけど積みなおしされたとか...

さて、天守内に入場し、見学......

天守最上階・廻廊からの景色は少し曇っていましたが、素晴らしかったです。

IMG_3075.jpg

写真は長良川方面の景観です。

またここからは、鷺山城も見えます。(この時点では行くつもりでした)

IMG_3070.jpg

100名城スタンプがある資料館へ移動します

IMG_3079.jpg

ちなみに100名城スタンプは受付の方に言わないと出て来ませんでした。
ここには、天下布武印もありますので、是非100名城以外のスタンプも
押してみて下さい。

資料館を出た後は引き返すことにします。

同じ道を戻るのは面白く無いので通っていない道で戻ります。
途中で引き返した橋の方の道を、帰りは通ることにしました。

途中、台所跡とは別の軍用井戸「本丸井戸」があります。

IMG_3094.jpg


天守へ至る尾根東斜面には石垣が良好に残っているので、上を見上げると...

ありました、石垣

IMG_3100.jpg

ということで、野面積み石垣がところどころあります。

そもそも今回の岐阜城攻めでの1番の目的はこれでした...

以前、岐阜城に登城した時は、石垣なんて確認してませんでしたからね...orz
つまり、ここに来る間に見方が変わったということです。
少しは成長したのかな?

行きは見向きもしませんでしたが、二の丸門跡近くに題目塚というものがあります。
斉藤道三から織田秀信までの戦死者を弔って建てられたと言われております。

IMG_3101.jpg

その後は展望レストランの所まで行き、ドリンクを購入...

さて、ここで城跡を後にし、下山することにします。

馬ノ背登山道の山頂付近に石垣があるという情報を得ていたので、
下山は馬ノ背登山道で...

複雑な構造の半壊石垣が、ところどころにあり、
興奮します

IMG_3105.jpg

若いカップルが横を通り過ぎサンダルで下山していきますが、
馬ノ背登山道は、もろに金華山特有の岩山を体験することになります。

最初は、

IMG_3108.jpg

このような感じで、歩を進めていくと、石垣遺構か?と思われる石積みを見つけました

IMG_3110.jpg

さらに下りていくと、もろに岩山を体感していきます。(1人で来てよかったな...)

IMG_3111.jpg
IMG_3112.jpg

岩がゴロゴロ転がっていました。

こんな感じですから......
当然、先ほどのカップルを追い越しましたよ。

ゆっくり写真撮影しながら下りたんですけどね......

さて、麓近くになると、城主脱出用の道として使われていたと言われる
めい想の小径登山道と合流します。

※めい想の小径登山道にも、下り始めてすぐに石積み遺構が確認できると
情報を得ておりましたが、今回は使用しませんでした、次回登城する際に使いたいと
思います。

少し行くと、旧伊奈波神社跡に辿り着きます。

IMG_3115.jpg

斎藤道三が稲葉山城を大改築するまで、金華山中に伊奈波神社は
元々ありました。

そこからしばらく歩けば、三重塔に着きます。
ロープウェイの中でおねえさんが説明してくれる建物です。

IMG_3119.jpg

ちなみにこの建物、長良橋の廃材で作られているらしい...

さて、下りてきたところは信長居館跡

つまり、信長居館跡からめい想の小径登山道・馬ノ背登山道で
山頂まで行くことできるわけです。

ちなみにこの時点で16時......

鷺山城は諦め、「若き日の信長像」を見て帰ろうと思い、探し始めました。
以前、来た時は信長居館跡入り口横にあったと思ったのですが、何故かありません。

博物館前の早馬を取りに戻り、周辺を散策......
なんと、岐阜公園総合案内所の方に移動していたみたいです。

IMG_3133.jpg

※ちなみにこの像と天守を一緒に写せますが、
正直、天守が超小さくなるので載せません。

ここで岐阜城攻めは終了し、早馬を返却しに駅の方まで戻ることにしました。

途中、信長や孫の秀信ゆかりの寺・円徳寺の前を通りますが、精根尽き果てていたので
また次回と思い、その日は終了。

美濃から尾張へ鉄の箱に乗って、帰城いたしました......

次回は、別の攻城記を書きますが、どれを書くかは決まっていません。
気まぐれでUPしていきますので、ご了承いただければと存じます。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント
馬の瀬から下山されたんですね~上級者コースですよ!!
私は迷走の小道で十分です(笑)

本丸井戸の頭上にある石垣…見つけてしまいましたか…
内緒にしてたのに(笑)
[2011/10/29 00:24] URL | 流星☆ #- [ 編集 ]

はい、馬の背から下山しましたぁ~
結構、キツかったですよ!!
デジイチを首から下げていたので、慎重に慎重に…
って感じでした。
内緒にしていたんですか、石垣(笑)
あれは、岐阜の山城ベスト50に掲載されていて
知ったんです♪
[2011/10/29 00:45] URL | こーき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/4-a827b1cd



< /body>