#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小谷城攻城プロローグ
#01 小谷城攻城プロローグ 【小谷編】

2011/11/27―

この日は長浜地方に晴れマークがついていたので、急遽小谷へ行くことに。

名古屋から鈍行で約1時間40分。
河毛駅にたどり着く。

しかし、現地に着くと、あいにくの曇り。この日は陽が射したり射さなかったりだった。
滋賀の天候って、変わりやすいんだなぁ~

河毛駅に着いてすぐ、レンタサイクルをしている河毛駅コミュニティハウスがあるが、
借りられる時間までは、まだ多少時間があったので、トイレに立ち寄った。

IMG_0465.jpg

壁には......

IMG_0466.jpg

おぉ~三盛亀甲剣花菱紋(浅井が用いた家紋)。

そこからロータリーに出ると、浅井長政・お市様の銅像がある。

IMG_0469.jpg

そうこうしているうちに、レンタサイクルを借りられる時間帯になってきたので、
コミュニティハウスの中に入った。

IMG_0471.jpg
▲河毛駅コミュニティハウス(どことなく城郭風)

レンタサイクルの貸し出しをお願いすると、返却時間は具体的に決まっていないという。
なんとアバウトなことか。
まぁ遅くなってもあれなので、だいたい17時くらいと記入しておいた。

一人1000円を先払いするシステム。返却後は500円バックなので、
実際レンタル料金は500円。
(サイトには使用時間で料金設定されている。詳しくはこちら→河毛駅レンタサイクル)

支払いが済んだ後、マグネットを差し出してきた。
マグネットは“家紋タイプ”と“お江ちゃんなどが描かれたキャラクタータイプ”の2種類あって、
「どちらか好きな方を選んでください。」というので、家紋タイプを頂いた。
(後で知るんだけど、このマグネットが博覧会で300円で売られている。ということは、
実質レンタサイクル代は200円…安い。もしかして博覧会開催期間中のみ?)

受付の人に、小谷城への登り方・周辺の状況を聞こうと声をかけたら、
「SL?」って聞かれた。いや、デジイチ持っているからって、SLに興味がある人とは限らんでしょ。
というかなぜSLが出てくるんだよって思いながら、『小谷城について』と再度尋ねた。

地図に書き書きしながら丁寧に説明してくれる。けど、建物内に人が徐々に増えはじめ、尋ねる人が
多くなってきたので最後は駆け足で説明されることになった。
理解できたかと言うと、ほぼ出来ていない。まっ、いっかぁ~って思いながら早馬で出発。

ちょい肌寒いけど、いい気持ちで走れた。

道中、石碑がある。

IMG_0475.jpg

小谷城跡はあっち』という矢印が書かれていて迷うことなく進むことが出来る。
(これで迷う人はよほどの方向音痴だろう......)

あぁ~、あの紅葉してる山って、虎御前山だなぁ~って思いながら走っていると、
何やら旗がある場所にたどり着く。

IMG_0476.jpg

うわぁー虎御前山砦跡の登山口だーっ!!と思って、心が躍る。
ここから約1時間か。結構かかるんだなぁ......
行きたい気持ちを、ぐっと抑えて小谷城方面への進軍を続ける。
(虎御前山砦を登城するときは南側からと考えていたので、北側へと抜けられるのは
便利だな。後々の攻城時の参考になった。)

虎御前山の東脇は北陸自動車道が走っている。
今、自分が走る道は、この自動車道に交差する形で、自動車道の下をくぐる。
そのトンネルを過ぎようとしたとき、
脇に何やら看板が…

IMG_0480.jpg

エッチマン!?何じゃそりゃ?ワシのことかいな。
ここら辺は、変態が多く出るのだろうか。じゃなきゃ、こんな看板ないでしょフツー
小谷城へ行かれる女性(自称を含む)は気をつけたほうがいいだろう。
(佐和山城近辺にも、こういう看板があったような…)

さらに進み、信号を過ぎたあたりに石碑を見つける。

IMG_0481.jpg

高札所跡

よく城下町などにある高札所跡かなって思ったけど、後で調べたら
これ江戸時代に立てられたものなんだとか。なので、浅井氏時代のものではない。
小谷城廃城後、城下町は秀吉とともに長浜へ移転していき、江戸時代に、
この周辺は宿場になったと言われるから、城下町の高札所跡ではなかった。

そこから少し走ると、清水谷へ続く道に出る。
さらに山裾を回り込み、博覧会の駐輪場へ止めようとしたが、行きたい場所の
小谷寺でも自転車を止められると警備員さんに聞いたので、一路小谷寺へ。
(小谷寺は次回記述予定)

小谷寺へと早馬を走らせていると、
道を挟んで両脇に石碑があった。東には、

IMG_0484.jpg
東本町跡

西には、

IMG_0486.jpg
西本町跡

位置的には清水谷道から南に行った場所にある。
本町とあるから、この走る道が本町筋にあたるのかな。
小谷って意外と石碑が各所あるんだなぁ~と思った。小谷城に行かれた方の
ブログやサイトを見ているとほとんどが小谷城内の石碑しか載せてないから、
城下町の石碑なんてないと思っていた。
現地でこうして発見できたのは嬉しい誤算だった♪

ちなみにここから南へ行くと、本町・呉服町という地名があり、
町場だったことを示している。今回は行けなかったので次回行きたいな。

というわけで、今回はここまで。

To Be Continued...



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/42-9f440c32



< /body>