#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小谷城-5/クマ
#09 小谷城-5/クマ 【小谷編】

金吾丸を下りると、大手道と合流する。
もう小谷城主要部は間近と迫っている。すぐ北に番所跡がある。

そこは麓からバスで来る人たちと合流する場所にでもあった。
ここまでは、車でも来れるようだが、博覧会開催中は専用のバスしか
ここまで来れない。
(でも、ここが乗降所とは思えないんだが…狭いし)

番所跡へ突入せず、大手道から逸れて右手にある林道を少し下ってみた。

IMG_0762.jpg

舗装された林道を上から見てみると、脇の木々が紅葉していた。
その道路には、白い車が停まっている。

odani_0764.jpg

何コレ?

避難小屋」って書いてある…
どう見ても小屋じゃなくて、車じゃん。

何この車?って思っていると、相方が「あぁ~これあれだー、クマが出たときに非難する
車だよー」と教えてくれた。

はぁ、そうなんですか。これに非難するんですか。
熊が出た場所が、この車の近くならいいけど、離れた場所だったら、ここまで
辿りつけないと思うんだけど。それに誘導する人いなさそうだし。
さらに言うと、大河効果で増えている観光客全員はカバー出来ないような…

小谷城に来る前にこういうのを調べてきていた相方に感心した。

ふと、金吾丸が置かれていた方向の斜面を見てみると、

IMG_0761.jpg

岩がで~んとあった。
後々出てくるが、小谷城には少し石垣が残っている。
その石垣は、石灰岩の石で出来ている。これは小谷山で産出する石灰岩
用いられているというので、産出する石とはこれを指すのかな?って思った。

大手道に戻ると、このあたりから徐々に人が増えてきた。観光客がわらわらと現れる。
これから登城する人や、登城し終えた人たちが群がる。

odani_0766.jpg

番所と金吾丸の間には、大きな小谷城図があり、みんなここで
この図を確認しながら進んでいく。
本丸まで400M・大嶽城まで1.1KMの立札もあった。まだまだ道のりは長い…

番所へ乗り込もうとしたら、大きな看板が目に入った。

odani_0767.jpg

クマった......

クマ出るのかぁ~さっきの避難小屋と言い、この看板と言い、
現実味を帯びてきた。

だが、この時期はもういないだろぉ~と思い、熊鈴はつけなかった。

話が脱線してしまったが、次回・小谷城番所跡へと続く。


To Be Continued...



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/48-e3924bfe



< /body>