#oshiro/城郭記
プロフィール

#oshiro

Author:#oshiro
―城郭数寄者
城郭(最近は近世が特に…)と数寄建築・茶の湯が好きで、各地のお城や茶室を巡っています。中世城郭も好きですが、今は写真メインで巡ることが多く、土造りの城より石垣が築かれた城に足を運んでいます。
[注意!!]元々理系なため、文章がメチャメチャ下手糞です。と、ここで保険をかけておきます。



カテゴリ



最新記事



Link

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小谷城-21/刀洗池
#25 小谷城-21/刀洗池 【小谷編】

中丸上段から次の曲輪・京極丸へ行く途中、
登り口そばに刀洗池があった。


刀洗池

IMG_1131.jpg

写真がブレた…
こんな所でブレるわけがわかんない。
上の写真だとそんなに分からないが、元素材はかなりブレブレ感が分かる。

時間は14:46を回っていた。登りはじめて、ちょうど3時間半。
だから、この時焦っていたのは確か。果たして資料館には
時間内に行けるのか?と。

見て分かるように、この池は1メートル四方とかなり小さい。
馬洗池の約60分の1くらいか…
石碑がなければ見過ごしてしまいそうな規模の窪地。

だが、この池も馬洗池同様、水堀の役目を果たしていたかも
しれないと言われている。

水堀?…ちっさ!!
このサイズで水堀の役目を果たすのか!?
いやいやいやいや、それはないだろ。

他の説では、普段は飲料水で使われ、戦時はその名の通りの使い方を
されていたのでは?とも言われ、また環境整備事業の報告書では、名前
とは相違して岩盤を掘り下げた井戸跡ではないかと推測されている。

これなら分かる気がする。
大堀切より南の曲輪で生活する人間は大広間の井戸、または馬洗池を
使い、一方大堀切より北の曲輪で生活する人間はこの池を生活用水
として使っていたんじゃないかと。刀を池で洗うって場所は他にも
伝承が残っているので、戦時はそのように使われていたかもなぁ~
確か、設楽原古戦場にもあった…

もし、これが井戸跡なら小谷城は結構井戸があるんだなぁ~
と思った。水には困っていなかったのか?元亀争乱の3年間を
乗り越えただけはあるなぁ。

当時は井戸跡だっただろうけど、今は埋もれちゃってるんだろうな。
なので、窪地だと分かるレベルでしか感じ取れないのかもしれない。

そもそもこの池の命名は何を元にしているのか気になる。
曲輪名同様、小谷城絵図からなんだろうか…
小谷城絵図では小さすぎて見つけることが出来なかった。

次回、京極丸へと続く…



To Be Continued...



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント
ブログ村から来ました。
どの記事も非常に興味深くて良い感じですね。
私もお城は好きでキッカケは,やはり大阪城でした。

現在,姉妹ブログで大阪城オンリーのブログを
意匠製作中です。また色々と参考にさせて頂きますね。
[2012/03/17 23:51] URL | YANチョ #ocSPZuNE [ 編集 ]

Re: タイトルなし
YANチョ様

ブログ訪問ありがとうございます。
本で学んだことと、現地で思ったことを
書き連ねているだけなので、たいしたことありません。
それでも、そう仰っていただけるのは嬉しいです。

大坂城がきっかけとは奇遇ですね。
お城は天守だけじゃないと気づかされたのが、
今でも忘れられません。
[2012/03/18 14:01] URL | #oshiro #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://shirozuki.blog.fc2.com/tb.php/78-86771614



< /body>